ケアマネジャー(介護支援専門員)がケアプランの作成のほか、お客様が安心して介護サービスを利用できるよう支援していきます。

あおぞら介護サービス サイトトップ介護保険あおぞら介護サービス介護施設空き情報会社案内・事業案内各種お問合わせ

介護保険で摘要されるサービス

介護保険で利用できるサービスとは

居宅サービス 

「居宅サービス」には、さまざまな種類があります。

この中から自分の希望するサービスを組み合わせて利用できます。



●サービスについて相談したい

●ケアプランを作ってほしい


居宅介護支援
ケアマネジャー(介護支援専門員)がケアプランの作成のほか、お客様が安心して介護サービスを利用できるよう支援していきます。

↑トップに戻る


●自宅で生活を続けたい

●自宅での介護の手助けがほしい


訪問介護(ホームヘルプサービス)
ホームヘルパーが訪問し、入浴や排泄などの身体介護や生活援助を行います。

<身体介護>

食事、入浴、排泄のお世話、衣類やシーツの交換、通院の付き添い   など

<生活介護>

部屋の掃除、洗濯、買い物、食事の準備、調理     など

自己負担(1割)のめやす

 身体介護中心   30分〜1時間 431円
 生活援助中心   30分〜1時間 223円
※早朝・夜間・深夜などの加算があります。


訪問入浴介護
浴槽を積んだ移動入浴車などで訪問し、入浴の介護を行います。

自己負担(1割)のめやす

 1回   1340円



訪問看護

医師の指示にもとづき、看護師などが訪問し、療養上のお世話(床ズレの手当てや点滴の管理)などを行います。

自己負担(1割)のめやす

 病院・診療所から    30分〜1時間     577円
 訪問看護ステーションから  30分〜1時間 870円
※早朝・夜間・深夜・緊急時などの加算があります。


訪問リハビリテーション
専門家(理学療法士や作業療法士)が訪問し、機能の維持回復のためのリハビリテーションを行います。

自己負担(1割)のめやす

 1回 577円


居宅療養管理指導

医師・歯科医師、薬剤師などが訪問し、療養上の管理や指導を行います。

自己負担(1割)のめやす

 医師・歯科医師の場合  500円(月2回まで)
 医療機関の薬剤師の場合  550円(月2回まで)
 薬局の薬剤師の場合(月4回まで) 500円(1回目)
300円(2回目から4回目)

↑トップに戻る

●人と交流したい

●家に閉じこもりがち


通所介護(デイサービス)
施設に通所し、入浴、食事の提供などの介護サービスや機能訓練が日帰りで受けられます。

自己負担(1割)のめやす

単独型施設/6〜8時間未満の場合
要支援       
要介護 1・2    
要介護 3・4・5  

※費用は要介護度や施設の種類、利用時間に応じて異なります。
※入浴・送迎などの加算があります。



通所リハビリテーション

介護老人保健施設や病院・診療所で、入浴、食事の提供などの介護サービスや、専門家による機能維持回復のためのリハビリテーションが受けられます。

自己負担(1割)のめやす

6〜8時間未満利用の場合
要支援       
要介護 1・2    
要介護 3・4・5  

※費用は要介護度や施設の種類、利用時間に応じて異なります。
※入浴・送迎などの加算があります。


↑トップに戻る

 

●急用などで介護ができない

●しばらく介護の手を休めたい


短期入所生活介護
介護の必要な方が施設に短期間入所し、入浴、排泄、食事などの介護や機能訓練が受けられます。

自己負担(1割)のめやす

併設型の場合/1日
要支援       836円
------------------------------------
要介護 3・4・5  1177円

※費用は要介護度や施設の種類、利用時間に応じて異なります。
※入浴・送迎などの加算があります。



短期入所療養介護

医療系施設に短期間入所し、医療や介護、機能訓練が受けられます。

自己負担(1割)のめやす

介護老人保健施設の場合/1日
要支援       995円
------------------------------------
要介護 3・4・5  1250円
※ 費用は要介護度や施設の種類、利用時間に応じて異なります。
※ 入浴・送迎などの加算があります。

↑トップに戻る

●借りる

●車いすやベットをレンタルで利用したい


福祉用具の貸与
次の12種類が貸し出しの対象となります。

1. 車いす

2. 車いす付属品(クッション、電動補助装置等)

3. 特殊寝台(ベット)

4. 特殊寝台付属品(サイドレール、マットレス等)

5. 床ずれ予防用具

6. 体位変換器

7. てすり

8. スロープ

9. 歩行器

10. 歩行補助杖

11. 認知症老人徘徊感知器

12. 移動用リフト(つり具の部分を除く)

 

月々の利用限度額の範囲内で、実際にかかった費用の1割を自己負担。
(用具の種類、事業者によって貸し出し料は異なります)

      
↑トップに戻る


●買う

●お風呂や排泄が楽になる便利な用具がほしい


購入費の支給
支給の対象は、次の5種類です。

1. 腰掛便座       

2. 特殊尿器       

3. 入浴補助用具
     a) 入浴用いす  b) 浴槽用手すり  c) 浴槽内いす
     d) 入浴台     e) 浴槽内すのこ  f) 浴室内すのこ

4. 簡易浴槽

5. 移動用リフトのつり具の部分


※ 年間10万円までが限度額でその1割が自己負担です。

↑トップに戻る


●改修

●廊下などに手すりをつけたい


住宅改修費の支給
保険の対象となる住宅改修は次の6種類です。

1. 手すりの取付け

2. 段差の解消

3. すべりの防止、移動の円滑などのための床又は通路面の材料の変更

4. 引き戸へなどへの扉の取替え

5. 洋式便器などへの便座の取替え

6. その他これらの各工事に付帯して必要な工事

※ 利用限度額(20万円まで)の1割負担

↑トップに戻る


●施設に入って利用する居宅サービス


グループホーム
認知症による要介護者が5〜9人で共同生活を営む住居において、入浴・食事等の介護が受けられます。

※要支援の方は利用できません。

特定施設入所者生活介護
有料老人ホーム等で一定の計画にもとづいて提供される、入浴等の介護や日常生活のお世話が受けられます。


↑トップに戻る

施設サービス

どのような介護が必要かによって3つのタイプの施設に分かれます。

この中から入所する施設を選び、利用者が直接申し込んで契約を結びます。

●日常のお世話をしてくれる施設に入りたい


指定介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
常に介護が必要で、自宅で生活できない人のための施設です。

入浴排泄など日常生活の介護や健康管理が受けられます。


↑トップに戻る

 


●自宅に戻れるようリハビリをしたい


介護老人保健施設(老人保健施設)
病状が安定し家庭への復帰を目指し、介護やリハビリが必要な人のための施設です。

医学的な管理の下で介護や看護、リハビリが受けられます。


↑トップに戻る


●医療の受けられる施設に入りたい


指定介護療養型医療施設(療養型病床群などの介護体制が整った医療施設)
急性期の治療が終わり、病状は安定しているものの、長期間療養が必要な人のための施設です。

介護体制の整った医療施設(病院)で医療や看護などを受けられます。

※費用は施設サービス費の自己負担(1割)のほか食費、日常生活費がかかります。
※施設サービスの費用は、要介護度や施設の体制によって異なります。


■在宅サービスの1か月の支給限度額

要介護度

支給限度額(月額)

利用者負担(月額上限)

要支援

61,500円 6,150円

要介護1

165,800円 16,580円

要介護2

194,800円 19,480円

要介護3

267,500円 26,750円

要介護4

306,000円 30,600円

要介護5

358,300円 35,830円

■施設サービスの1か月の平均利用額

施設の種類

平均利用月額

利用者負担(月額)

食事代(月額)

介護老人福祉施設
(特別養護老人ホーム)

32.3万円 平均2.7万円 約2.3万円

介護老人保健施設

35.3万円 平均2.9万円

介護療養型医療施設
(療養型病床群等)

42.6万円 平均3.6万円

※介護報酬の地域区分における「その他」地域の金額です。
※食事代は高額介護サービス費の対象となりません。なお食事代は一般被保険者が1日あたり760円(月額約2.3万円)、世帯全員が住民税非課税等に該当する人は1日あたり500円、生活保護受給者、住民税非課税世帯で老齢福祉年金受給者等の場合は1日あたり300円となります。

 

↑トップに戻る